Google AnalyticsやSearch Consoleの設定をしました

サイト運営

ブログを更新するだけではない、サイト管理者として必要な準備

皆さんこんにちは!

旅行出発まで既に3日を切っています。大まかな旅行プラン(どこに行くかは今後のお楽しみ☆)をたて、あとは飛び立つ日を待つのみ・・・

・・・ではありません(><)

サイト管理者として、Googleに関する設定を行わなければなりません!

旅行の記録をこのサイトに掲載していく予定ですが、せっかくならそれを皆さんにご覧いただきたいもの。そこで「このサイトを立ち上げたので、検索結果にこのサイトを表示させてください!」という切なる願いをGoogleさんに伝える必要があるのです。

要は、普段サイトを閲覧する皆さんが検索窓で単語を入力し、検索結果に表示されたページからこのサイトにアクセスできるようにしたい、ということです^^

今回の投稿では、Google AnalyticsとSearch Consoleで行った設定を簡単にご紹介します。

 

Google AnalyticsのプロパティとSearch Consoleのアカウントをリンク

このサイトを管理しているプロパティとSearch Consoleのアカウントをリンクさせました。

Google Analytics>Search Console>検索クエリ

と進み、必要な設定を行ってリンクさせます。

これによって、このサイトがどれだけGoogleの検索結果で上位に表示されるか、どんなページに流入しているかなどが分かるようになります。

 

Fetch as Googleでインデックス登録をリクエスト

Search ConsoleにはFetch as Googleという機能があり、これによって「このサイトがあると認識してね!」とGoogleさんにお願いすることができます。

つまり存在に気付いてもらい、検索結果に表示してもらえるようにするための手続きです。

 

検索エンジン向けのサイトマップ(XML)の設定

皆さんもサイトマップという言葉を聞いたことがあると思います。ページタイトルが一覧表やロジックツリーのように並べられているページです。ウェブサイトで閲覧したいページがどこにあるか分からないとき、このサイトマップでページを探すことができるので便利ですね。なお、これはHTMLサイトマップと呼ばれます。

今回は、XMLサイトマップを作成しました。調べてみると手動で作成する方法もあるようなのですが、私は何といっても生粋の素人なので、プラグインという超便利機能を活用させていただきます♪

このサイトの管理画面のプラグイン設定ページで「All in One SEO」と検索すると、使用可能なプラグインが表示されます。

All in One SEOとは、SEO対策に必要な複数の機能が備わっているWordPress用のプラグインです。XMLサイトマップを生成したり、Google Analyticsでの分析をサポートしてくれます。

All in One SEO Pack
2007年から6,500万回以上ダウンロードされた、元祖 WordPress SEO プラグイン。

All in One SEOを選んでインストールし有効化、そして生成されたサイトマップをSearch Consoleに登録すると設定完了です。

今後のGoogle Analyticsでの分析

以上が本日行った設定です。後々サイトへの訪問者数が増えれば、「どんなユーザー様が見てくれたのか」「どのページが特に旅行の参考になったのか」など、色々分析できるようになると思います。

まだ設定し始めたばかりなので、これで上手く稼働する準備ができているのかは不安ですが、今後も必要な設定を随時追加し、より皆さんにご覧いただけ旅行の参考になるサイトにしたいと思います^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました