青池は現代科学でも解明されない白神山地の奇跡☆深浦町の十二湖を満喫♪

東北旅行

☆青森一周旅行シリーズ 2018年8月6日(5日目)☆

出典www.its-mo.com/search/area/02/)

 

皆さんこんにちは!

今日は弘前駅から十二湖駅に向かい、白神山地を探索します。

弘前駅から十二湖駅へ


始発電車に乗ります。6時46分弘前駅発の奥羽本線快速東能代駅行き電車1本で、十二湖駅に9時45分到着できる予定です。

約3時間の電車旅です。ブログのドラフトを書きながら、海の景色を楽しみます♪

着きました!ここが十二湖駅です。結構たくさんの観光客が電車を降りていました。

始めに「キョロロ」という休憩所にバスで向かう必要があるのですが、現在9時45分、次のバスは10時35分です。予想はしていましたが、だいぶ待つことになってしまいますね(´・ω・`)


しかたなく待とうと思っていた時、大型タクシーの運転手さんが「7人までなら一度に運びますよ」と観光客の人たちに声を掛けていました。これだ!と思い乗せてもらうことに♪ラッキーでした(*^^)v

他のお客さんもバスを待たずにすんだと喜ぶ車内。運転手さんが白神山地の散策の仕方や道中の見どころを教えてくれました。一人の女性のお客さんからは「車で全部回ってほしい!」という無茶ぶりも(笑)散策コースは車は通れず、歩いていくしかありませんよ(^^;)


十二湖駅からタクシーでおよそ20分。ここが白神山地の休憩所「キョロロ」です。さっそく散策を開始します。

 

鶏頭場の池


鶏頭場の池は「キョロロ」のすぐそばにあります。広葉樹の原生林に囲まれており、水深約22メートル、面積4万1,150平方メートルもある池です。

歩道から少し外れた道に進みます。あまり人がいないので、ゆっくり森林浴と池の眺めを楽しむことができます。

鶏頭場の池のすぐ近くまで行くことができます。


風で揺れる水面と奥に見える森林が素敵な景色です。8月でも涼しい風が吹き、とても気持ち良い場所ですね。

 

青池


キョロロから600メートルほど進むと青池に到着します。


撮影スポットは多くの観光客で賑わっています。

こちらが青池です。こんなに透き通っていて綺麗な青色の池は初めて見ました(≧▽≦)
この青さの原因はなんと現代科学でも解明できていないそうです。不思議ですね。

透明度が高く、水中の樹木や魚も見えますよ!

大自然の中の緑の木々と青い池。幻想的な景色にしばらくうっとりしていました(笑)

 

ブナ自然林


青池を過ぎて坂道を上ると広い場所に辿り着きます。

ここからしばらくブナ自然林のエリアです。ゆっくり歩きながらブナの森林浴を楽しみます。

道の途中にはこんな看板も。あえて立ち止まってゆっくりと呼吸し、自然を感じましょう(*´ω`*)

沸壺の池


ブナ自然林のエリアの緩やかな坂を下っていくと、沸壺の池に到着です。こちらも多くの観光客で賑わっていますね。

こちらが沸壺の池です!

青池に匹敵するほどの透明度を誇る池ですね。

 

十二湖庵・落口の池

沸壺の池からさらに下っていくと、T字路にぶつかります。左が十二湖庵・落口の池で、右がキョロロに戻る道です。

左に進んですぐ、十二湖庵に到着です。

ここには川が流れていて、平成の名水百選に選ばれた水「沸壺池の清水」を飲むことができます。冷たく澄んでいて美味しい自然の水でした!

また、ここでとれた水で淹れた抹茶やお菓子を楽しむことができます。

目の前には落口の池が広がっています。広大な池と森林が広がっています。ベンチもたくさん並んでいて、持参したお昼ご飯を食べている人もいました。一層美味しく食べられそうなスポットです(∩´∀`)∩

下った坂を登り、T字路の所をまっすぐ進んでキョロロに戻りました!
以上がゆっくり歩いても2時間弱で回れる白神山地十二湖観光コースです。急な坂道も少ないので、山道が苦手という体力に自信のない方でも楽しめるお勧めコースですよ♪

 

キョロロでランチ~十二湖駅へ

さて、現在12時過ぎで次の十二湖駅発電車は15時52分発です。十二湖駅に戻っても、次の電車までは時間がありますね(笑)

せっかくなのでキョロロでお昼ご飯を食べることにしました。カツカレーとアップルパイです。カツカレーはボリュームが多くて大満足。アップルパイも美味しかったです♪

 

十二湖駅まで行く次のバスが来るまで売店を散策しました。

幸運を呼び寄せたり、魔除けになる錦石です。目がクリクリで可愛いですね(笑)

アップルクーヘンです。リンゴまるごとはいっているバームクーヘン!見た目にインパクトがありますね( ゚Д゚)

せっかくなので白神山地の麓で採れたニンジンで作ったニンジンジュースを購入しました。ニンジンとレモン汁しか入っていませんが、甘みがあって美味しかったです!

バスが到着したので乗車。15分ほど乗車し、十二湖駅に戻りました。

帰りの電車は15時52分発のリゾートしらかみ5号青森行きです。チケットを買おうとしたら・・・

というわけで深浦駅に電話(笑)どうやら深浦駅で20分ほど停車するため、ここで指定席を購入すれば問題ないそうです。

 

ガンガラ穴、十二湖海浜公園

電車の到着まで2時間ほどあるため、駅周辺を散策することに。


どうやらガンガラ穴という穴のあいた島が見える場所があるみたいです。徒歩15分ほどの場所みたいなので行ってみることにしました。

左手に海岸、右手に白神山地が広がる道をひたすら歩きます。他に人は歩いていません(笑)

トンネルをくぐると・・・

到着しました。線路の向こうに見えるのがガンガラ穴です!

名スポットとまで言える場所ではありませんが、独特の風景を見ることができました。

来た道を戻り、坂を上って橋を渡ります。

橋から続く坂を下ると、十二湖海浜公園に到着です。公園といっても遊具があるわけではなく、広い海の景色を楽しむ場所です。

遠くに釣りをしている人が見えました。ちなみにここから先は立ち入り禁止の看板が立っていたので本当はだめですよ(笑)

 

十二湖駅、深浦駅、千畳敷駅から青森駅へ

ぶらり散歩が終わり、十二湖駅に戻ります。

まだ時間があったので十二湖駅内のお土産屋さんを物色。青池をモチーフにしたアイスですね☆

仏壇の上に吊るしてお供えをするための「とうろう」です。カラフルで駄菓子のようですが、食べられません(笑)

深浦産のすいかです。十二湖駅にはこの他にも白神山地の恵みで育まれた食材が販売されていました!

リゾートしらかみ5号が到着です。

約20分ほどで深浦駅に到着しました。窓口で指定券を購入します。なお、リゾートしらかみ号はどの区間でも一律520円です。

電車旅を楽しめるよう、リゾートしらかみ号は主要な駅でしばらく停まってくれます( ^^)

深浦駅では20分ほど停車するとアナウンスがあったため、駅を出てみました。

駅前からも海の景色を楽しむことができます。

駅前にあるスーパーです。

食材だけではなく、釣り道具が販売されていました。海に近いスーパーならではですね。

次は千畳敷(せんじょうしき)駅に到着しました。ここでも15分ほど停車してくれます。

ここには広々とした海岸が広がり、カモメが鳴きながら空を飛んでいました。海まで近づくと、風の強さで海のしぶきを感じることもできました。

以上が白神山地の探索でした!大森林での美味しい空気や、青池のような美しい自然を満喫することができました(*´▽`*)

 

青森市から八戸市へ

19時40分に青森駅到着です。今日も青森ねぶた祭りで賑わっています。2日にも見ましたが、せっかく通ったので少し鑑賞することにしました。

20時31分発の青い森鉄道で八戸に向かいます。マスコットキャラクターの「モーリー」がペイントされた可愛い電車です。

1時間30分ほどで八戸駅に到着です!

今夜は「ホテルメッツ八戸」に泊まります。駅直結でアクセス抜群のホテルです。

駅直結でも落ち着いた雰囲気のホテルです。部屋からは八戸駅のホームが見下ろせます。

寝る前に昨日買ったリンゴを食べました。少し酸っぱめでしたが、白神山地を歩いた疲れが癒されました♪

 

本日は以上です!

明日は八戸線の鮫駅から太平洋を眺めながらのトレイルコース、八戸のグルメ、そして青森ねぶた祭りのフィナーレとなる花火大会を楽しみたいと思います(*^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました